その道のプロフェッショナルにとって、「"好き"を仕事にすること」の意義とはどのようなものなのでしょう...