塩田武士さんの作品は、時期は異なるものの同じ神戸で新聞記者をしていたという経歴に親近感を覚え、評者は...

記事提供:BOOKウォッチ